Google

貨物運送、貨物利用運送、特殊車両許可、貨物軽、トレーラー、輸出承認、公印確認・アポスティーユ、相続、遺言、会社設立、電子・定款作成、札幌、手稲、稲穂、金山、星置、ほしみ、行政書士、海事代理士

遺言書作成

遺言書作成


  • 遺言とは?
    • 遺言とは、死後に身分上や財産のことについて効力を発生させることを目的として書き残したもので、遺言状とか遺言書といってます。
    • 遺言は、民法で定める法式によるものしか、効力が認められませんので、ただ単に書き残した文章がすべて遺言になるわけではありません。


  • 遺言は、民法で定める方式によらなければ、無効となり、法律で定められた相続となってしまいます。
    • 自筆証書遺言などで、方式が整っていないなどの理由から、後日、問題となる場合があったり、また、認知症等、自己の財産の処分について正常な意思判断が出来ない状態で作られた遺言は、無効となってしまいます。

  • 私は、ご自分で作成する場合など、法律上無効となることのないようしっかりした遺言を残すお手伝い・アドバイスもいたします。


普通の遺言と認められる方式

  • 自筆証書遺言、公正証書による遺言、秘密証書遺言などがあります。

自筆証書遺言とは?

  • 遺言者が、その内容、日付、氏名を自筆して押印するもので、封印されていなくても遺言となります。
    • いつでも、自分で作成、作成しなおしができ、費用も少なくてすみますが、遺言が見つからない、改ざん、記載内容が相続人によって勝手に解釈される、家庭裁判所の検認手続を受ける必要があります。


公正証書による遺言

  • 二人以上の証人の立会いをつけて、遺言の内容を公証人に話して、公証人に筆記してもらったうえで、読み聞かせててもらい、それを承認した上で署名押印するものです。
    • 厳格な手順を踏んで、遺言書は公証役場で保管するため、紛失はない、偽造もされない、ほかの遺言と比較しても確実・安全で、家庭裁判所での検認もいりません。
      • 厳格で安全・確実な分だけ、費用もかかりますし、財産の額によっても異なります。


秘密証書遺言

  • 公証人が、遺言者の遺言であるということを認証するだけのもので、作成・内容等には関与しないので、遺言の内容によっては、自筆証書遺言と同じように、問題が発生する場合があります。


  • [check] いずれの場合でも、残される御家族や親類のためにも、まったく、その意思がわからないということがないように、どの方法でもかまいませんが、法律上有効な遺言書を作成しておくことは必要です。


遺言のメリットは?

  • 遺言がない場合、民法の規定(法定相続)に従って行われるため、それとは異なる財産分与をしたい場合には、書き残しておく必要があります。
  • 例えば、子供や親がすでになくなっている場合などは、兄弟に相続が発生しますが、それとは違う相続を行いたい場合や相続人の相続分を指定したり、遺産の分割を指定したりすることができます。
  • 主に次のような場合が考えられます。
    • 遺言者に推定相続人がいない場合
    • 遺言者に内縁の妻(又は夫)がいる場合
      • 内縁の配偶者は相続人ではないため。
    • 夫婦間に子がなく、主な財産が居住用不動産しかない場合
      • 配偶者及び被相続人の親又は兄弟が相続人になり、配偶者の居住する不動産を、被相続人の親又は兄弟が相続することになってしまうため。
    • 推定相続人の中に行方不明者がいる場合
      • 遺産分割協議をすることが困難なため。
    • 事業(家業)を継ぐ方に事業用の財産を譲りたい場合。
    • 前妻の子と後妻がいる場合
  • また、法定相続で発生し得る問題も回避することができるようになります。
    • 相続関係のページの「相続の種類」をご覧ください。


遺言できることは?

  • 相続分を指定すること。
    • 長男にはAの土地を、長女にはBの土地を・・・
    • 遺産分割方法の指定
      • 預金は、長男には4分の1、長女には4分の1、次男には4分の2・・・
  • 遺贈
    • 相続人以外の者に対して財産を帰属させるときなど
      • 相続させると遺贈するでは、土地の場合、登記や登録料に違いがあります。
  • 推定相続人の廃除
    • 推定相続人が配偶者・子・親の場合で、遺言者に対し、虐待・重大な侮辱などがあった場合に、その者の相続権を剥奪する方法
  • 遺言執行者の指定
    • 遺言の内容を実現させるために執行に必要な人を指定しておくことによって、後の問題の発生が少なくなり、安心できます。


遺言の制約

  • 仮に遺言で、すべての財産を法定相続人以外の方に与える旨の記載をしたとしても、相続人が配偶者・子・親の場合には、遺留分(財産の一定の割合をこれらの者のために確保すること)があり、遺言といえどもこれを無視することはできません。


お問い合わせはメールのフォームからどうぞ。


総訪問者数:1272 本日:1 昨日:1



              

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional